清田高校清陵会 Hokkaido Sapporo Kiyota High School Seiryoukai Official Site

インタビュー《第33期生》

卒業生

三浦 寛輝さん

清田高校創立40周年おめでとう御座います。この度、この様なご依頼を頂き誠に光栄と思うと同時に私の様なものでよいのかと思う次第です。清田高校での3年間はかけがえの無い友人や恩師に出会い、とてもいい思い出ばかりであります。
1) 卒業後の略歴
2011年3月:清田高校卒業
2011年8月:ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校入学
2012年8月:サウスウェストミネソタ州立大学編入
2014年12月:同校卒業
2014年1月:商船三井ロジスティックス(U.S.A)入社
清田高校の思い出はたくさんあり過ぎて書ききれなくなってしまいますが、ひとつだけあげるとすると、部活動でしょう。私は高校3年間ラグビー部に所属していました。文武両道を目指しましたが、ラグビーにのめり込む故、運動ばかりしていました。しかしそれを通し、大切な仲間に出会えたことや、正しい努力すれば必ず結果が出てくるのだと実感できたことが今でも忘れることが出来ない高校生活での思い出の一つとなっている一番の要因だと思います。
それらを通し学んだことなどを発揮し、幸いにも今の職に就けているのだと思います。今、私は日系企業のアメリカ支店(ボストン)に勤めております。仕事の内容は、簡単に言うと物流業です。主に海上コンテナ貨物の輸出入を担当していて、毎日新しいことを学びながら働いております。今私が一番の目標にしていることは、お客様から必要とされる従業員になることです。その為には、確りと自分のやる仕事に責任を持ち、求められていることプラスαのことを出来るようになることが大切だと意識して日頃働いております。



photo